ふかやのくすりばこ

ふかやのくすりばこプロジェクトは埼玉県内の企業連携で取組む、地域・ジャパンブランド活性化事業です。

 

埼玉県深谷市の街のくすり屋として大慶堂が取り組む、街の安心や笑顔を「くすりばこ」でつなぐプロジェクト。「くすりばこ」の新たな価値を生み出します。

「くすりばこ」の製作では、地域事業連携として埼玉県本庄市にある関根桐材店とコラボレーションしています。本庄はかつて、中仙道最大の宿場町として、利根川の水運拠点として繁栄し、全国有数の桐の集散地「桐の町」として知られていました。 関根桐材店は明治33年の創業以来純国産の日本桐のみを扱い、昔ながらの伝統技術を守り続けています。

共に百余年の歴史をもち、地域に根付いて産業を支え本物を追求してきた企業同士が、新たな未来を創出するべくプロジェクトで連携します。

 

「くすり」と桐材


桐材はかねてより、くすりばこや漢方のくすり箪笥などとして使われてきた歴史があります。桐は多孔質な木材で内部に空気の層を含み、外部の悪条件を遮断する性質があります。また機密性が非常に高いのも特徴です。経年変化によりタンニンが表面に染み出し、弱アルカリ性となり保管品を酸化から守る効果もあります。その軽さや柔らかさから肌馴染みもよく、桐材は長くくすりとともに歴史を歩んできました。

 

con_21

 

「くすりばこ」と街


歴史を紐解くと「くすりばこ」は「街」と「くすり屋」の大切な接点としての役割を果たしてきました。一家に一箱。その一箱が日常の生活に安心をもたらし、その安心や信頼で、街とくすり屋がつながっていました。街の姿やあり方は時代と共に変わりますが、くすり屋が街に提供し続けているものは、今も昔も変わりません。

 

con_22

 

ふかやのくすりばこ


大慶堂は街のくすり屋に始まり、現在はホームケア薬局や訪問看護、漢方カウンセリング、食のスタイルの提供など、様々なかたちで街との接点を育くみ続けています。

「ふかやのくすりばこ」プロジェクトは、これまで育んできた深谷の街との接点にプラスアルファの喜びや安心や笑顔を創出し、地域を考え、産業を考え、文化を考え、そして未来へ向けて価値をつなで行くプロジェクトです。